エスケンBLOGBLOG

クローゼットの棚の考え方2

どうもこんにちは昨日はお客様が来るので玄関外を掃除しようと思ったら大量の鳥のフンが玄関扉についていてビックリした内田秀次です。
こんな時にに限ってと呟きながら必死で拭きました。。。

さて今日も収納やクローゼットの棚の考え方をお話したいと思います。

昨日来ていただいたお客様との会話の中で、今現在住んでいる家では書類などの収納もきちんとできていないというお話を聞き、
そうなりますよねと共感したのですが。

もともと賃貸やマンションの押入れやクローゼットって数は少ないだけでなくて住む人のために収納計画をしているわけではないので
最低限の収納場所しか最初からはありません。ほとんどの人はその場所で住んでいる年数が増えるほど物も増えています。
結局、むき出し収納になったり収納するための家具を置くようになったりしていると思います。

そうすると、だんだんとお家が狭く感じたり片付けても片付かなくなったりしてくると思うのです。

そうすると、そういう環境に疲れたりするときもあると思います。

そうならない為にも、せっかく建てるお家は収納する物の計画を考えているのがいいのです。

そこで、皆さん考えてなかったと気付く事で多いのが書類関係の収納場所や収納の仕方です。
保険の契約書・年金手帳・銀行関係・車関係・お子様の学校関係etc.など
書類関係も住む年数が増えると必ず増えてくると思います。家族の数が多いと書類関係も多いのです。
書類関係だけを収納する場所も計画しているとかなり便利だと思います。

奥行は40cmくらいのスペースで棚板は30cmから35cmで高さを調整できる可動棚にするのが良いと思います。

片付けが苦手な人でもこういった収納を計画しておくとスッキリ整理整頓ができ、部屋がいつもきれいなお家になるのではと思います。


CONTACT