エスケンBLOGBLOG

家の間取りで大切な動線の考え方 3 (玄関ホール)

どうもこんにちは、 
最近は天気が良く暖かくて過ごしやすいのですが何故か鼻水が止まらなくてずっと鼻をたらしています。内田秀次です
鼻風邪なのか?花粉なのか?….

さて今日も間取りについて、

今現在マイホーム計画中の方でもあまり深く考えたことが無い人もいてるのかと思うのですが
玄関ホールの大きさって考えた事ありますでしょうか?

今現在お住まいなのが賃貸住宅やマンションならほとんどが1畳~1.5畳(畳1枚)の大きさくらいのところもあるのかなとおもいます。
私が以前住んでいた賃貸ハイツも0,75畳くらいでした。靴箱が畳の4分の1くらいの大きさで残りが土間部分でした。

そういった賃貸の玄関ホールのイメージのままお家を購入した方は実は後悔している人が多いのです。
 
もう少し玄関ホールを大きくしとけばよかった・・・とか、玄関ホールに収納をつくればよかった・・・など
玄関ホールの間取リについて失敗したと後悔している方は非常に多いのです。

新築を建てるとき、家の大きさや間取りでどうしても玄関ホールを小さくせざるを得なかったとおもうのですが、
家族みんなが同時に外出するときなど混雑して大変なことになったりします。

なので、私が考える玄関ホールの大きさなのですが、3畳くらいの大きさがはあればストレスも少ないかとおもいます。
収納スペースと土間部分の両方で3畳。
 
玄関ホールも物が増えますのでそれ以上大きくできるならやはり大きい方がストレスなく過ごせるとおもいます。

小さいお子様がいるお家ならベビーカーや三輪車や自転車、旦那様のゴルフバック・家族で楽しむアウトドア用品など
玄関ホールには置きたいものや収納したいものが絶対に増えますので玄関ホールの大きさも優先順位の上位に考えていただきたいです。

 

 
ただし、
家の大きさや土地の大きさによって玄関ホールはどうしても制限されます。 
玄関ホールを大きくするとリビングダイニングが狭くなってしまうなど、どうしても難しいときもあるとおもいます。

そういう時には、玄関ホールからリビングダイニングまでワンフロアーで一切間仕切りやドア無しの空間で広く見せる方法もあります。

そういった間取りをコンセプトにしている住宅会社様も多いのですが

リビングダイニングも広くしたい、玄関ホールも広くしたい、そういった方にはオススメな間取りだとおもいます。

是非ともご参考にしてくださいね

   

  
 
 
 

 

 

 

 


CONTACT