エスケンBLOGBLOG

意外に知らない断熱性能!!

どうもこんにちわ。

今日は断熱材についてお話しよう思います。

みなさん、今現在お住まいのお家は冬は足元が寒かったり部屋の隅っこなど冷え込んだりしていませんか

夏は中々クーラーの効きが悪いってことないですか

それって断熱材の厚みが薄かったり、隙間があったり、などの施工方法に問題があるのがほとんどなのです。

断熱材っていっても、最もスタンダードなのがグラスウール。
近年、増えてきているのが、発泡ウレタン吹付、セルロースファイバー。など
他にもいろいろあるのですが

一般的にグラスウールは発泡ウレタン吹付やセルロースファイバーより安価ですむので、グラスウールは断熱性能が劣っているという風潮になりがちなのですが、

グラスウールでもマニュアルどうりきちんと施工すれば十分な断熱性能があるんです。もちろん厚みにもよりますが

発泡ウレタン吹付は気密性が良いイメージがあるのですが、厚みが薄いヶ所があったり隙間があったりすると断熱効果が低減しますし結露の原因になることもあるのです

セルロースファイバーも同様にきちんと重鎮してマニュアルどうり施工しないと年数が経つと隙間ができる可能性もあるんですよ

結局は、どの断熱材でも一番大事なのはまずきちんとした施工が出来ているのかということなんです。

あと、よくみなさん勘違いをするのですが。

断熱性能が良い家は、冬は外が寒いのに室内は暖かく夏は外が暑いのに室内は涼しいと思っていますが。

そうではないのです。

断熱性能が良い家とは、室内温度を長い時間同じ温度で維持できていると言うことなんです

わかりやすくいえば、魔法瓶みたいなことです

ちなみに、写真はちゃんと施工をしたグラスウールの仕様です。

特に、〇で囲っているとこが、肝心なところなんですよね


CONTACT